不動産について

建物が他人の土地を越境して建てられている

不動産を購入するときとして、土地付きの建物を購入するとき、土地のみを購入するときがあります。
土地付きの建物の場合、建物を取り壊してから建てる場合もあります。
建物が建っていれば、当然その建物の部分に同じように建物を建てられると考えるでしょう。
しかし、元々建物が越境している状態で建てられていることがあります。
他人の土地や、道路などにはみ出した状態です。
建物を建てる時、本来なら互いの土地などを考慮しながら建てる必要があります。
また、売却なども同様です。
しかし、正式な書類を確認せずに取引をすることもあります。
すると、実際に建っている状態と記録されている状態とが異なるケースが出てきます。
もちろん他人の土地の部分には建てることができず、建てたいなら新たに購入が必要です。
越境しているかどうかは、土地に関する登記などをチェックするとわかるでしょう。
それぞれの土地がどんな広さで、どんな形になっているかを調べておきましょう。
ただ、公図などは古いこともあるので、調べるのが大変です。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

建物が他人の土地を越境して建てられている