違反建築物は取り壊さないといけないか

建物は、建築基準法に基づいて建築される必要があります。
もし、検査などで違反が見つかれば、直せる部分は直す必要があります。
直せないなら、場合によっては取り壊さないといけないかもしれません。
違反のままだと住んだり、利用したりができないためです。
では古い建物などはどうかです。
今の建築基準法だと違反になる建物はたくさんあります。
違反建築物においては、新たに建築した建物が違反の場合には使えません。
でも、かつて違反で無かったのであれば、建てられた時の法律に基づいて判定されます。
建てられた時に適法の物件であれば、そのあとも適法の物件として住み続けることができます。
もちろん売買も可能です。
違法物件を購入して住むことができます。
注意としては、改築などをしたときに違法部分がどうなるかでしょう。
新たに増築してそれが現在の建築基準法に引っかかれば、その部分尾工事が無駄になります。
また、建物を建てられない土地に建っている不動産を買っても、建て替えはできません。

なぜ電気が売れなくなるの?
国の方針で電気が高く売れなくなるからです

お使いの固定電話をもっと使いやすくします
多機能転送サービスやディスプレイ表示が可能です

新棟の約半額!高耐久の中古プレハブ販売

menu

更新情報

不動産投資をしてみたいと考えたとき、まず浮かぶのは個人でマンションを買って人に貸すことですが、実際に

不動産投資を行う際のいくつかの種類

子供が生まれるのを機に新居を購入するという話になったのですが、一生にそう何度もない大きな買い物だけあ

不動産購入にはなかなかパワーが必要

不動産を購入するときとして、土地付きの建物を購入するとき、土地のみを購入するときがあります。

建物が他人の土地を越境して建てられている

どの不動産情報サイトを利用して賃貸物件を探すか迷っている方は、扱っている賃貸物件の数が非常に多いもの

扱っている賃貸物件の数が非常に多い不動産情報サイト

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

違反建築物は取り壊さないといけないか