不動産について

不動産投資を行う際のいくつかの種類

不動産投資をしてみたいと考えたとき、まず浮かぶのは個人でマンションを買って人に貸すことですが、実際には大きく分けると3種類があります。
最もイメージを持ちやすいのは現物不動産投資であり、実際に不動産を購入して、その不動産のオーナーとなって第三者へ貸出する方法です。
一人で行うのではなく、複数の投資家たちと資金を出して、皆で共同の一棟の不動産を購入すうるのが不動産小口化商品であり、物件からの収益はシェアになります。
不動産投資には魅力を感じながらも、一人では不動産購入ができないときでも、複数の投資家からの資金を収集することができるため、その資金が不動産購入ができるので投資も可能です。
各ファンドが投資家から収集した資金をもとに、不動産投資をするのが不動産投資信託であり、REITとも呼ばれます。
売却益や家集中を投資家たちに分配をするやり方であり、投資家たちからの資金は複数の物件へと投資が可能です。
取引所にも上場しるのが不動産投資信託なので、流動性は高くなります。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

不動産投資を行う際のいくつかの種類